未経験からのチャレンジ!目指せ、Javaプログラマ!

Javaを数ヶ月間必死に勉強して面接官にアピールしよう

未経験からのJava求人ガイドライン

未経験者のためのJava求人対策

プログラム未経験者がJava求人に応募する前に

プログラム未経験者はどうするべきか

プログラミングの経験はないが、今後IT業界に身をおいて心機一転がんばって働きたいと考える人も少なくないでしょう。少しでもインターネットなどでIT業界の求人を見たことがある人であれば、実務経験が重要だということはすぐにおわかりだと思います。
しかし、それはすでにプログラマとして働いている人を対象にしたことで、未経験者はどのような対策を行えばよいのでしょうか。特に、地方ではIT企業自体がとても少なく、求人を探すのも困難な場合が多いようです。

最低レベルはクリアすること

採用する側の企業にとって、未経験者を採用することにリスクがあることを理解しなければなりません。一言で未経験といっても、インターネットやメール、ブラインドタッチくらいはできるレベルなのか、パソコンを触るのも困難なレベルにあるのかが重要です。簡単な作業すらできないようでは、プログラマどころか、最近の企業では採用してもらえないでしょう。
パソコンが触れないからといって、プログラマの道を諦らめなければならないということではありません。どんなに優秀なプログラマであっても、最初はブラインドタッチもできないような素人だったはずです。でも、そこからパソコンやプログラミングが好きになり、勉強したりブラインドタッチを習得するソフトを買うなどして努力しているのです。本気になれば、パソコンの初歩的なことはすぐに理解できるでしょう。最低でも、「ITパスポート」が取得できるレベルになければ、いくら未経験者可の求人であっても採用されることは無いと考えるべきです。

必死に勉強してアピールすること

プログラマといっても、更に専門性にわかれます。WEB系に強い人や、組み込み系、ゲームなど意外にも多岐にわたります。簡単に「プログラマになりたい。」というのは具体性に欠けており、「料理人になりたい。」と言っているのと同じことなのです。
料理人でも、和食、洋食、寿司職人など専門分野があり、それぞれ修行の内容が違うでしょう。プログラマも同じことなのです。まずは、自分が進みたい、やりたいと思う分野を決めることが重要です。
プログラマの専門分野は、プログラミング言語である程度決まってきます。WEB系であれば、JavaやPHP。組み込み系であれば、C言語など、習得しているプログラム言語によって道は決まってきます。すなわち、自分が進みたい道によって、習得しなければいけないプログラミング言語が決まるのです。
未経験者は、闇雲に勉強するのはとても非効率です。ある程度的を絞って数ヶ月間集中して勉強するのが効率的な方法です。一つの言語でも集中して勉強していれば、面接官にアピールできるだけの知識は身につくでしょう。なにより、行動することが大切で、行動した結果をしっかりアピールしましょう。

PV数の多いサブテーマ

page top

Copyright © 2014 未経験からのJava求人ガイドライン All Rights Reserved.