未経験からのチャレンジ!目指せ、Javaプログラマ!

いったいJavaとはどういう言語なのか?詳しく解説

未経験からのJava求人ガイドライン

Javaとはどういう言語なのか

かつてはプログラミング言語といえば、C言語でしたが、今そのポジションはJavaに代わりつつあります。注目度、人気、需要ともに高いJavaという言語。なぜそれほどJavaが注目を集めているのか、そもそもJavaとはどういう言語で、どのような特徴があるのか?Javaプログラマを目指すなら、まずはJavaについてきちんと知っておきましょう。

Javaとは

Javaとは Javaプログラマの入門知識として、Javaの歴史と特徴を詳しく解説していきます。家電やPDA向けに開発されたJavaでしたが、時代に合わせた進化を重ね、今やほとんどのWEBシステムでJavaが採用されるまでに普及しました。文法がC++に似ているため、C言語出身エンジニアにとっても馴染みやすいという特徴も、Javaが広く普及した要因のひとつと言えるでしょう。既存言語の欠点を補い、利点を生かした言語であるJavaは、今後ますます需要が高まるだろうと予測されています。

Javaとはの詳細を見る

Javaプログラムの種類

Javaプログラムの種類 オブジェクト指向でプラットフォームに依存しないという特徴を持ち、サーバサイドプログラムにも使われるJava。Javaで作られるプログラムには、いくつかの種類があります。代表的なものとしては、WEBシステムに多用されるサーバサイドプログラムであるサーブレットやJSPがあります。Javaで作られたプログラムの種類についていくつか紹介しておきます。様々な種類のJavaプログラムが、システム構築現場の色々なシーンで使われていることがわかると思います。これからJavaプログラマを目指すにあたって、知っておきたい知識です。

Javaプログラムの種類の詳細を見る

Javaは何に使われているのか

Javaは何に使われているのか Javaの歴史と特徴、Javaの種類の次は、Javaの用途について解説します。Javaプログラムといえば最初にイメージするものは何でしょうか?日々手にしている携帯電話やスマートフォン、家電製品、WEBシステムやWEBサービスなど、日常の身の回りにあって何らかのプログラムで動作しているものについて、それが何の言語で開発されたものかを意識することはあまりないと思います。Javaは、そんな身の回りにあるものの中で、思いがけないところにも利用されています。Javaの用途を知ることで、Javaの普及範囲の広さと、需要の多さが納得できるのではないかと思います。

Javaは何に使われているのかの詳細を見る

PV数の多いサブテーマ

page top

Copyright © 2014 未経験からのJava求人ガイドライン All Rights Reserved.