未経験からのチャレンジ!目指せ、Javaプログラマ!

未経験者も知っておくべき、Javaエンジニアの需要動向

未経験からのJava求人ガイドライン

斜め上を行くJavaエンジニアになるために

今後のJavaエンジニアの需要

Javaエンジニアとして価値を上げる

Javaエンジニア需要は高まる一方で求人数も多数あります。Javaエンジニアとしては、多数ある求人の中から、より高単価で働きやすい求人を見つけたいところです。より良い職場で働けるかどうかは、求人探しの時点でも差がつきます。

引用:レバテックフリーランス

安心してご希望案件にご参画いただけるよう、企業との商談前の対策も充実しています。

単価を上げるならこちら
単価を上げるならこちら

このレバテックフリーランスでは専門のコンサルタントが面談のサポートも行ってくれますので、安心して任せることができます。

すぐには減らないJavaエンジニアの需要

Javaエンジニアは前からも需要があった分野のエンジニアです。昔まではコンピュータが関わってこなかったものについても、Javaの技術が使われていて、私たちがコンピュータが入っていると意識しないところでも広い利用がされているからです。 ここ最近、Javaエンジニアの需要はさらに急速に高まりました。少し前までのIT業界の花形はWebまわりの技術についてでした。HTML や Flash などのサイト構築、プログラム言語では Perl や PHP であったり、Apache などのサーバまわり、ネットワーク技術者といった需要があったわけです。
ところが、周りを見ていただいてもわかるように、普段のやりとりもPCから携帯へ、そしてスマートフォンへと移り変わることによって、Web関係の技術自体は依然として一定の需要はあるわけですが、インターネットを利用するにしてもスマートフォンのアプリを通すことが多くなり、Javaエンジニアの求人は常に急募状態になっています。国内の求人も数多いですし、実際のところそれでは足りずに外国人を呼び寄せたり、逆に外国に仕事を投げているような状態です。今後もこの傾向については大きく変わることはないでしょう。いま未経験からプログラム言語を身につけるなら、Javaはまず最初に検討すべき技術であることは間違いありません。

未経験からのJavaエンジニアの求人はあるか?

Javaエンジニアの求人は、その多くが経験者を求めています。それもただ知っている、コーディングができるというだけでなく、実際に開発経験がある人を求めているのです。5年ほどの現場の経験があれば即戦力といえるでしょう。「Javaエンジニア募集」としている求人で、未経験可としているところはほとんどありません。だからといって、実際にJavaエンジニアとして仕事をしないと、いつまでたっても未経験のままで先に進むことはできません。ほんとうに未経験からのJavaエンジニア求人はないのでしょうか? 結論から言いますと、それは「否」です。未経験でもJavaエンジニアの仕事につくことは可能です。
たとえば、企業によっては即戦力ではなく、いまあるプロジェクトの人材不足を補うだけでなく自社で長く仕事をしてほしいとの思いがあったり、逆に経験者で外部で身につけたクセのある開発方法を持っている人を避けるところもあります。 ただ、そういったところはあまり「未経験可」としてJavaエンジニアの求人を大きく出したりしません。それは、未経験ではあまりに多くの求職者がいて、そこから選ぶのは企業側にも負担が大きいからです。ですので、ただ漫然と求人情報を眺めているだけではそういう未経験から可能なJavaエンジニアの求人は見つかりにくいかもしれません。
ひとつの方法として有効なのは、IT業界に特化した、専門の担当者がついてくれて紹介をしてくれるような求人情報サービスの利用です。こういうところであれば、お互いのニーズを知ったうえでマッチングしてくれるので、未経験でも就職をすることが可能です。

PV数の多いサブテーマ

page top

Copyright © 2014 未経験からのJava求人ガイドライン All Rights Reserved.